オンレコblog

オフレコしないブログ オンレコblog

洗濯の時黒い服に付いた白い粉を落とす方法を発見!!

      2016/07/11

黒い服を洗濯すると、白い粉が付きませんか?

brush-01
我が家では洗濯をすると、黒い服に限って毎回こんな風に真っ白になってしまいます。
一般的には「白い服と一緒に洗濯するからだ」とか、「タオルと一緒に洗濯しないこと」とか言われています。
しかし、我が家の場合分けて洗っても効果がありませんでした。
洗剤も液体タイプを使っていますし、洗濯槽のクリーナーを使ってもだめ!
更にネットに入れて分けて洗ってもダメでした。
もう何が原因でこうなるのかわからないのですが、乾いた服をこすると粉が取れる事がわかったのです。
でも毎回毎回服をこするのは大変…
そんな時に思いついたのがこの方法です!

 

洋服にブラシをかける

とても古くさい方法のように思うかもしれませんが、その効果はてきめん!!
今となっては何でもっと早く思いつかなかったんだ…って感じです。
ではどのくらい落ちるのか、画像と共に見てみましょう。

 

黒い服についた白い粉が落ちるまで

brush-01
先ほどの画像と同じですが、これが白い粉がついた黒い服です。
安売りで買った気に入っているワンピースです。
気に入っているのに、朝着ようとすると粉のせいで着られず、こすって落とす時間も無いせいで出番のあまりないかわいそうなワンピースです。

憎き白い粉を落とすために今回投入したのがこちら!!
brush-02
その名も「洋服ブラシDX
簡単で美しい仕上がりと書かれています。

 

brush-03
ブラシを取り出してみると、なんと嬉しい紐付き。
クローゼットや玄関につり下げておけば、いつでもさっと使えて便利ですね。
このブラシは豚毛100%、木の部分は高級天然木なのだそう。

 

brush-04
ブラシは適度な厚みがあります。
柔軟性があり、固すぎず柔らかすぎず、丁度良いという言葉がぴったりな感じです。
持ち手もちゃんと手にフィットします。

それではいざ、ブラッシング!!!

洋服の上から下に向かってブラッシングします。
サッサッっとリズミカルに軽く撫でるように。
半分くらいやってみたところ、こんな風になりました。

 

brush-05
ブラシの上部がキレイになっているのがわかりますでしょうか?
さすがに一撫でではキレイにならないので、「サッサッ」を意識してブラッシングするのが良いと思います。
そんな調子でスカート部分を全てかけ終わりました!!

スポンサードリンク

 

ジャ~ン!!
brush-06
どうですか?この仕上がり!!
最初と全く違います。
とてもキレイです。

別角度からも
brush-07
所要時間は1分ほどでしたので、これなら朝忙しい時でもすぐに着られます。
ブラシ1つでこんなにキレイになるなんて驚きです。

 

ビフォーアフター画像
brush-08
こうしてみると違いがハッキリとわかりますね。
因みにこのブラシはホコリなどを取るために使われるものです。
あとはスーツやコートなどを着た後のお手入れとして、ホコリ取りや毛並みを整えるのに使われます。
洋服の他にもソファー、ベッド、テーブルクロスのお手入れにも使えるみたいです。

 

ブラシを使う際の注意点

強くブラッシングすると生地を傷めることがあるので優しくブラッシングしましょう。
高級な生地の服にブラッシングする場合は、必ず目立たないところで確かめてからブラッシングをしましょう。(カシミヤ、アンゴラ、コーデュロイなど)

 

今回使ったブラシはこちら


静電気が起こりにくい天然毛&木製で、価格がお手頃なモノを吟味してこれに決めました。
買って大正解!春先には花粉を家に入れないために、玄関先でのブラッシングにも使えそうです。

 

高級な生地の服をお持ちのあなたにおすすめなブラシはこちら


これでスーツをブラッシングする、という行為が「洋服を大事にする」という意識を更に生み出してくれるという優れもの。
紳士のたしなみとして1本持っておくと良いと思います。

 

毛玉を取りたい人はこちらのブラシがおすすめ


セーターの毛玉がよく取れると評判です。

 

フックをお忘れ無く

Amazonで好みのフックを探す

 

まとめ

黒い服に付いた白い粉はブラッシングでよく落ちる!
ブラシ1本で悩み解決!!

 - 生活