オンレコblog

オフレコしないブログ オンレコblog

たまごが産まれるレゴ!?マインクラフトニワトリ小屋レビュー

   

レゴのマインクラフトシリーズも遂に第三弾。
ひとつあるだけでもマインクラフトの世界を楽しめたのですが、集めれば集めるほど楽しさが倍増していきます。
これって土地をどんどん開拓して建物を建てたり、新しい動物に遭遇する楽しさを見い出すマインクラフトの世界と同じなんだなって気がつきました。
レビュー第一弾:マインクラフトの「ごっこ遊び」が楽しめる!レゴブロック きのこの島レビュー
レビュー第二弾:集めて楽しいマインクラフト スイカ畑 | レゴブロックを遊び尽くそう

 

今回レビューするのは、息子の7才の誕生日プレゼントとして「スイカ畑」と一緒に買った「ニワトリ小屋」です。
タイトルにあるように、たまごが生まれるギミック付き。必見です。

 

スポンサードリンク

 

レゴブロック マインクラフト ニワトリ小屋(21140)のパッケージ

 

入っているフィグ

  • アレックス
  • オオカミ
  • ニワトリ×2
  • ニワトリの赤ちゃん

 

特殊フィグは5体です。
ニワトリは飛んでいるタイプと羽を畳んでいるタイプの2種類。
更にかわいいニワトリの赤ちゃんがついています。
オオカミは首輪がついているのでちゃんと飼い慣らされていますね。
もちろん骨も付属しています。

 

 

パッケージ裏面。
大きいニワトリがいますが、これが「ニワトリ小屋」です。
ニワトリのカタチのニワトリ小屋、これってゲームのマインクラフトでも羊毛などで作れるかもしれません。
この小屋には、まるでたまごを生んでいるようなギミックがついているので、後ほどご紹介します。

 

中に入っているブロックはこちら

 

 

スイカ畑の時のように2袋に分かれており、小さめの板がついていました。
ブロックはそこそこのボリュームがあるように感じます。
説明書がついていますが、もしなくしちゃっても公式からダウンロードできるので安心です。
レゴブロックニワトリ小屋の説明書をダウンロードする

 

恒例の組み立てビフォーアフター

 


7才息子もマイクラの組み立ては3回目なのでお手の物。
説明書を見ながら一人で黙々と組み立てる姿に成長を感じました。
それではどんどん組み立ててもらいましょう。せーのっ!

 

 

シャキーン!フィグの組み立て完了。
ニワトリの旗とチェスト、かまどなどの特殊パーツが嬉しい。
アレックスが手に持っているのは石のオノとニワトリを繁殖させるための種です。

 

フィグ以外に入っているブロック

 


白、黄色、薄茶が多いですね。
一見普通のブロックですが、よく見るとニワトリ小屋を作るために少し変わったブロックが入っています。
ではこれも息子に作ってもらいましょう。せーのっ!

 

 

じゃん!完成しました~~
実はこれ、結構難しかったみたいで何回もやり直していました。
どうしてもできないとのことで途中私が手助けしましたが、それでもほとんどの部分は説明書を見ながら息子が一人で作りました。

 

ニワトリがたまごを産むギミックを紹介

 


ニワトリをモチーフにしたニワトリ小屋のお腹にたまごを置きます。
コロンと置くだけでOK。

 

 

ニワトリ小屋の後ろにはつまみがあります。
しっぽみたいですね。

 

 

このつまみを引っ張ります。
下にはチェスが設置してあります。
次の画像のチェストに注目。

 

 

コロン!たまごが産まれました!!
実はこんな面白いギミックがあるなんて買うときには全然気がついていなかったのです。
パッケージ裏の写真をよく見るとちゃんと載っているんですけどね。
あまり細かく見ていなかったので、こんなギミックがあると知ったときはなんだた得した気分でした。

 

 

マインクラフトニワトリ小屋が完成しました。
動物多めなのでごっこ遊びの幅が広がりそうですね。
子供の発想って面白くて、以前買ったきのこの島スイカ畑に入っていたクリーパーに、たまごを産ませて遊んでいたり。
凝り固まった大人の頭には想像できないような、自由で柔軟な想像力を見せてくれます。

 

マインクラフトの世界をアップでお楽しみ下さい

 

 

ニワトリにエサをあげているアレックス。
フェンスゲートはちゃんと開閉します。

 

 

水浴びを楽しんでいるニワトリ。
気持ちよさそうですね。

 

今までのマインクラフトシリーズを全部繋げてみました


3つ全部繋げるとマイクラらしさが更に際立ちました。
これはぎゅっと繋げているけど、自由な発想で自由に繋げることができます。

 

 

スイカ畑を見守る村人のおっちゃんとブタに乗っているスティーブ。
クリーパーがその辺をうろうろしています。

 

 

こちらはきのこエリアにいるムーシュルーム。
やっぱりクリーパーがうろうろしています。

 


それから、今回のニワトリエリア。
これらのブロックはある程度組み立てたまま部分的に分解し、いつでも好きに組み合わせて遊べるようにしまっています。
そんな時に便利なのが、半透明で見やすく取り出しやすい米びつです。
えっ!?米びつ??と思うかもしれませんが、これが本当に便利。
子供達も遊びやすく片付けやすいみたいです。
こまごまとしたパーツは小さめの蓋付き容器に入れれば探しやすいですね。
容器ごと米びつに入れればお片付けも楽です。

 

 

子供はもちろん大人もハマる!レゴブロックの魅力をレビュー(クラシックシリーズ比較付き)
はじめてレゴブロックを買う方や、これから増やしたい方に向けて、基本ブロックとなるクラシックシリーズを比較しました。

 

 

絶対買い!!レゴシティの人たちは絶対買いだよ!! | レゴブロックレビュー

 

人がいないと始まらない!
レゴブロックの店員さんも即買いしたという、遊びを更に広げてくれるフィグばかり入ったセット。おすすめです。

 

まとめ

レゴブロックのニワトリ小屋は、たまごを産むギミックが楽しいです。
マインクラフトシリーズは繋げれば繋げるほど世界もどんどん広がっていって、よりマイクラらしくなりますね。
他にもマイクラシリーズは色々出ているので気になっているところです。

 

 - おもちゃ(キッズ)