オンレコblog

オフレコしないブログ オンレコblog

あの「アポロチョコ」が作れる!子供も大人もハマる簡単手作りキット

      2018/03/30

キットだから簡単!楽しい!手作りアポロチョコレート

きっと誰もが一度は食べたことがある「アポロチョコレート」
三角お山の形、いちごとチョコレートのハーモニー。
そのアポロを手作りできるキットがあるって知っていますか?
キットに全て入っているから、簡単に手作りすることができます。
電子レンジがあれば火を使わなくてもOK!
しかも包丁でチョコレートを刻む手間などもなし!
とっても楽しく作れて、最後には美味しく食べることができる「手作りアポロキット」を子供達と作ってみたのでご紹介します。

スポンサードリンク

つくれるカタチは8種類!

こちらがパッケージです。
なんと、このアポロキットでは、普通のアポロだけではなく色んなカタチのアポロを作ることができます。

 

 

作れるカタチ

  1. いつもの(みんなが知ってるあのカタチ、あの大きさ)
  2. ちいさめ(かわいいミニサイズ)
  3. おおきめ(夢が詰まってます)
  4. やま!?(いつものやまとは違うデザイン)
  5. ハートがた(上から見ると…!)
  6. クローバー(幸せが訪れちゃうかも)
  7. アポロちゃん(めっちゃかわいい)
  8. いちごのショートケーキ(とにかくかわいい)

これだけでもう、わくわくが止まらない!
では早速中身を見てみましょう。

 

手作りアポロキットの中身

キットを開ける瞬間も、わくわくします。

 

 

セット内容

  1. チョコレートの型
  2. チョコペン3種(いちご、チョコ、ホワイト)
  3. カラフルミンツ

簡単に作れそうですよね。
ではいよいよ作ってみます!

 

チョコレートを湯せんで溶かそう

やり方はとっても簡単。

  1. 耐熱容器にお水を入れてレンジで温める
  2. その中にチョコペンを入れる


もちろん、レンジではなく沸かしたお湯を使ってもOKです。
チョコペンの先はまだ切らないでネ。
1分位そのままお湯につけておきます。

 

型にチョコレートを流し込もう

さぁ、いよいよお楽しみの時です。
お湯に気をつけてチョコペンを取り出し、柔らかくなっているのを確認します。
まだ固いところがあったらもう少しお湯につけて柔らかくなるまで待ちます。
チョコレートが溶けていたら、チョコペンの先をねじって切るか、ハサミでカットしましょう。
では、型に流し込みます!

 

好きなように、思いつくままに、アポロチョコレートを作っていきます。
パッケージにもデザインの見本が載っているので、まねして作ってもいいですね。
私も子供達と一緒に、見本を参考にして作ってみました。

 

型に流すときのコツ

チョコレートが柔らかく溶けている方が、綺麗に型に流すことができます。
チョコペンからトロリと流れるくらいが作りやすいです。
ぎゅーっと押さないと出てこないくらい固くなってしまうと、できあがったときに空洞が多くて綺麗に見えません。
そんな時は下でご紹介する方法でチョコレートを再び溶かしましょう。

 

固まったチョコペンをもう一度湯せんする方法

チョコペンの先を切ってしまった後は、そのまま湯せんはできません。
そんな時はラップを使いましょう。

 

 

こんな感じでお湯とチョコペンの間にラップを挟むことで、チョコの中にお湯が入らず湯せんすることができます。

 

型入れ完了!

そうこうしているうちに、型入れが完了しました。

 

 

アポロちゃん(ウサギ型)の表面がでこぼこしているのは、固まりかけたチョコペンで無理に作ったからです。
大きいアポロは棒付きにしてみました。
チョコレートが点々と飛んでいるように見えるのは、実はこれも型なのです。
ハートやリボンなどのミニサイズの型がついていて、飾り付けに使えるようになっています。
このままそっと冷蔵庫に入れて30分ほど固めます。

 

手作りアポロの完成

冷蔵庫から取り出し、お皿の上でそっと型から外すと、ちゃんとアポロができていました!

 

 

すごい!ちょっと感動します!
せっかくなので、飾り付けもしてみましょう。

 

アポロに飾り付けをしてみよう

飾り付けの際はチョコペンを使いますので、全部使い切らずにちょっとだけ残しておきます。
ラップを挟んで再度湯せんをしたら、チョコレートを接着代わりにして、飾り付け用のチョコやカラフルミンツをトッピングします。
好きなように、楽しんでトッピングしましょう。

 

 

完成しました!
固まりかけのチョコで作ったアポロちゃん以外は成功しました。
子供達も、いつもとは違うアポロに大喜び。
競い合うように全て兄妹の口の中へ。
私の口には入りませんでしたが、その様子を見ると美味しかったに違いありません。
型はまだまだ使えそうなので、またチョコペンを買ってきて作ってみます。
とにかく簡単で、とっても楽しく作ることが出来たので大満足です!

 


お友達とシェアしたり、ちょっとしたプレゼントにしても喜ばれそうですね。
きのこの山もあります。こっちも作りたいなぁ。

 

まとめ

子供の頃から食べてきた、慣れ親しんだチョコレート。
そんなおやつが簡単に手作りできるなんて、とっても素敵なキットだなと思います。
いつものおやつに飽きたときにもよし、みんなでわいわい作るのもまたよし。
子供はもちろん、大人も楽しめるので一度作ってみて下さい。

 - 料理